小林委員 趣旨説明

^