7月例会を行いました

7月27日、常滑市内を会場とした7月例会「突撃!!TOKONAME魅力ツアーズ!!~体験から生まれる再発見~」を行いました。

富田理事長 挨拶
中井副理事長 趣旨説明
鬼崎漁協では、台風の影響のため底引き網体験はできませんでしたが、常滑でとれる魚介類の説明をしていただき、鬼崎海苔の試食、実際に海の生き物とふれあうことが出来ました。
いちじく農園では、常滑名産のいちじくが栽培されている現場へ行き、生産者の方のお話を聞くことが出来ました。
梅月冨本人形園では、常滑名産の招き猫の製造方法を工場見学を通じて学び、絵付け体験を行いました。
有限会社高山陶園さんでは、モザイクタイルを用いたフォトフレームを作成しました。
昼食は、常滑でとれたり、生産したものをふんだんに使ったとこな弁当をいただきました。

18名の市内4年生~6年生の子供たちと、青年会議所メンバーで各地を周り、常滑の魅力について各地で体験をし、最後に一日を通じて気づいた魅力について、発表をさせていただきました。

ご協力いただいた、鬼崎漁協協同組合様、渡辺さんちのいちじく畑様、株式会社梅月冨本人形園様、有限会社高山陶園様、会席料理丸十様、誠にありがとうございました。(写真撮影の瞬間のみ、マスクを外しております)

^